こんにちは、カウンセリングオフィス・ライゼです。


「うつ病」とはなんでしょう…
何かおいしいものが食べたい。。。でも、そういう気持ちが湧かない。
友達と会っておしゃべりしたい。。。でも、人と会うのが億劫。
何をしても楽しくない。
何をしてもつまらない。
何かに対して感動する事すらできない。
生きることも、死ぬことも面倒。

うつ病になる人は人間関係の楽しさを経験していないのかもしれません
人から嫌われたくない、変な人と思われたくない。
その結果、自分を押し殺し人の目を気にして生きてきた。


うつ病になる人は表面的には穏やかにみえる。
しかし心の中は傷つき、怒りの感情に支配されている。


うつ病になる人は退行願望があるので前向きになれない。
だから大人の仕事はとてもつらい。
でも、まわりの人達はそれを理解してくれないので今この社会で生きているのがとても辛い。

精神的、心理的に健康な人は元気から始まるが、うつ病の人は心理的に絶望しているところからの出発になる。
生きている基板が違う。

うつ病になる人は人間関係が原因している
人間関係に疲れ果てている。

生きる事に疲れ果てた時「今までの何が原因だったのか」
「これからの人生をいかに生きるか」まずそれを考えてほしいのです。


こころが疲れ果てた人はその問題の元となっているものを知ることが大切です。

頭で考えているのではなく、言葉として書いてみましょう。
書くことで気持ちが整理できます。

感情を書き出すことが重要です。
どんな些細なことでも書き出してみます。
全ての感情を書き出し書いたものをビリビリに破くなり燃やすなりします。
「そして自分は大丈夫。」と声に出します。

うつ病から回復するための
きっかけかもしれませんが小さな出来そうな事から前に進むようにしましょう。

そしてあなたの話しをきちんと聞いてくれる人を探してみてください。

家族の中に聞いてくれる人はいますか
会社の中ではどうですか
専門のカウンセラーでも心療内科でもあなたの話しをしっかり
聞いてくれる人を探してみてください。

その時点であなたのこころは変わりたいと思っているはずですから…

カウンセリングオフィス・ライゼ