こんにちは!カウンセリングオフィス・ライゼです。

「夫源病」とは…
夫が原因で妻の心や体が不調になる病気のことです。
・夫の言動を聞くたびに動悸や顔がのぼせたようになる。
・夫が家にいる週末は気持ちがイライラし頭が痛む。
・単身赴任の夫が戻るとめまいがする。
・声をきくことすら嫌になる。など…
夫が聞いたら頭の中が??マークだらけになってしまうことでしょう。
これらの体調不良は不定愁訴である更年期障害と診断されていましたが実は体調不良の多くは夫に原因があるのではないかとみられています。

更年期の女性に限らず30代の若い世代、定年退職した夫と暮らす60代の女性にもこのような症状のある方が多くいらっしゃいます。だれでもこの病気にかかる可能性があるということです。

新型コロナウイルス感染症の発生により在宅勤務、リモートワークで仕事をすることで夫と過ごす時間がいつも以上に多くなりストレスを抱え夫婦の関係が悪化していると相談をうけます。こういう状況の時ほどお互いの存在をみとめ協力しあうことが必要なんでしょうね。

ただ、何でもかんでも自身の不調をご主人のせいだと決めつけるのではなく何が原因なのかしっかり自分自身を見つめ直すことも大事なのではないかとおもいます。

せっかく、縁があって暮らしていらっしゃるのですから夫婦のあり方を見つめ直す良い機会にしてくださいね。

『コロナウイルスでこころまで感染しないようにしましょう。』